女性ホルモン注射の効果とは?その効果と価格に関して!

    

胸を大きくするには、女性ホルモンを摂るのが大事だという事は何度もお伝えしています。

しかし、食物やサプリから女性ホルモンを摂るよりも、やはり注射による女性ホルモンの投与の方が、より早く、より確実にその効果を実感できるはずです。

 

ここで疑問となるのが女性ホルモンの注射はいくらのか?

 

という疑問ですよね。もし、低価格で女性ホルモンの注射を打てるのであれば、胸が小さいと悩んでいるあなたも利用したいと思うのではないでしょうか。

そこで、この記事では、女性ホルモンの注射に関して掘り下げています。

 

その前に女性ホルモンについて勉強しよう!

まず、女性ホルモンは2種類あり、女性らしい身体を作る、胸を大きくする働きがあるエストロゲンと妊娠したり、赤ちゃんを育てる為のプロゲステロンとあります。

 

胸の大きさで悩んでるあなたに必要なのはエストロゲンのとなります。

 

注射による摂取も可能ですが、エストロゲンのような働きをする成分であるエクオールで代用する事も可能です。

NHKの番組に多数出演している有名な管理栄養士の浅野まみこさんも「エクオールはエストロゲンとよくに似た働きをする」とおっしゃってます。

 

 エクオールが摂れてバストアップ効果が期待できるサプリがコチラ!

 

エストロゲンの注射はどこで打てるの?

では、そのエストロゲンは産婦人科、美容外科で打つ事ができます。

しかし、医療目的以外での投与になると自由診療(保険適応外)となるので、全て自己負担なので高額になります。バストアップとなると、確実に保険適応外になるので高額になります。

 

その価格は1回の注射で1万円~2万円が相場だそうです。

 

でも、高額な分だけ効果を実感できる事は間違いないので余裕のある場合には、一番おすすめ、確実なバストアップ方法だと言えます。

 

おすすめの病院は現在、情報を精査中

 

女性ホルモンの注射には副作用もある!医療行為である以上、慎重な検討が必要

女性ホルモンの注射と言っても十分な医療行為であり、もちろん、副作用が出る場合もあります。

副作用としては、目まい、吐き気、倦怠感、急激な体重増加が主な副作用です。

 

女性ホルモンは成長を早める効果があるため、癌にかかってる人が摂取する事で、癌の進行を早めたり増殖させてしまう可能性があるという非常に危険なリスクもあるんです。また、余分なホルモンは全て肝臓で分解をされるので、肝臓に負荷が掛かる点にも注意。

 

立派な医療行為である事には違いない以上、慎重に検討しましょう。

また、不明な点などがある場合、専門医に相談をする事で明確な解答を得ることができるので興味がある、疑問、不安がある場合は専門医に相談する事をおすすめします。

 

ちなみに、痛みに関しては筋肉注射なので多少の痛みはありますが、予防接種レベルの痛みなのでご安心を。

 

おすすめの病院は現在、情報を精査中

 

注射は高い!痛みが心配…という場合は、サプリでカバーできるの?

サプリメントの質にもよりますが、十分にサプリメントでも代用可能です。管理栄養士の浅野まみこさんも、エクオール含有のサプリメントの活用を推奨しています。

 

また、1日10mgのエクオールの摂取は、吉形玲美医師が臨床試験の際に用いた容量であり、その際、副作用に関しての報告は無かったので、容量を守れば安心なのも大きな魅力ですよね。

 

そんなエクオールが摂取できるサプリメントの中で、私が使ってみて効果を実感できたサプリを紹介します。

口コミ評価も高い20代~40代の幅広い年齢層の女性に支持されている話題のサプリです。

 エクオールが摂れてバストアップ効果が期待できるサプリがコチラ!