ボンボンボロンはホントにバストアップするの?

    

ボンボンボロン

ボンボンボロンで、ホントにバストアップできるの?”って疑問、不安を抱えてますよね。

そこで、この記事ではボンボンボロンに含まれている”どの成分が、どんな働きをするからバストアップに繋がる”という効果効能を徹底的に掘り下げているから、アナタがボンボンボロンに対して抱いてる疑問を全部解決できますよ♪

 

まずは、ボンボンボロンに含まれてる成分を確認!

上の画像は、ボンボンボロンに含まれてる成分になります。

それでは、これらの成分の中で、バストアップに直接影響してる成分の働きを確認していきましょう。

まずは、そもそもバストアップのs組をしろう

 

ボロン|女性ホルモンの分泌を促す

ボロンは、バストアップに大きな影響を与えるエストロゲンという女性ホルモンを分泌を促す効果があります。

分かりやすく一言でまとめると、バストアップするのに絶対に必要なのはエストロゲンなので、その女性ホルモンを少しでも多く分泌させる役割を持っているので非常に有効な成分です!

 

ホップ|女性ホルモンのフィストロゲンと似たような働くをする成分

フィストロゲンとは、自然と女性ホルモンが増えたのと同じ効果を発揮する可能性があるそうで、主な効果は”抜け毛や白髪の改善”だそうです。

しかし、私、ビールが好きですが白髪が改善された記憶はないので、ホップの成分に関しては”???”を抱きます。

 

レッドクローバー|植物性エストロゲンが摂取できるから非常に効果的!

胸を大きくする効果のある女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働くをする成分なので非常に効果的です。

また、その含有量が他の野菜、ハーブよりも多いからバストアップに非常に効果的な成分です。

 

ザクロ果実エキス|エストロゲンが含まれてはいるが…

ザクロには、植物性のエストロゲンが含まれていると1988年にクメストールが発表をしています。…が、それはあくまで種子であり、ザクロの85%は水分だから、エストロゲンが摂取できる量は微量ですが、バストアップに効果的な成分であるが、消費者センターから気になる説明がありました。

そこで、天然のエストロゲンを中心に4種類のエストロゲン(エストラジオール、エストロン、エストリオール、エチニルエストラジオール)の有無について液体クロマトグラフィで調べた。その結果、10銘柄ともエストロゲンのエストラジオール、エストロン、エストリオール、エチニルエストラジオールは検出限界以下であり、確認されなかった。

引用元:http://www.kokusen.go.jp/

しかし、これh商品によっての違いかもしれない。と思い、もう少し読み進めると…

また、1999年10月に東京都および神奈川県の青果物店、スーパーで購入したカルフォルニア産、イラン産のザクロと神奈川県内の一般家庭で採取した日本産のザクロ合計7個について果汁部分、種子部分に分けてそれぞれエストロゲンの有無を調べたが、果汁部分、種子部分どちらからもエストロゲンは確認できなかった。

引用元:http://www.kokusen.go.jp/

つまり、ザクロにはバストアップ効果が期待できないという事です。

 

豆乳|女性ホルモンと同じ働きをするエクオールに変換されるが…

豆乳は昔からバストアップに効果的といわれているから、あなたも一度や二度は試したことがあるはず。

しかし、バストアップできないのはイソフラボンを女性ホルモンと同じ働くをするエクオールに変換する腸内細菌がいないことが原因なんです。

 

つまり、エクオールに変換してくれる腸内細菌を持っていない人は、豆乳を摂取しても無意味という事。

 

ワイルドヤム|プロゲステロンの生成を促進させてバストアップ!

ワイドヤムに含まれる成分はサポニンは、「ジオスゲニン」という物質であり体内でプロゲステロンと同じような働きをします。

それは、赤ちゃんを育てられる体に変化し、妊娠継続できる状態にし、乳腺を発達させます。

 

チェストツリー|ホルモンバランスを整え副作用を抑える

今まで説明をした成分って女性ホルモンの分泌を促進させる成分だから、バランスが取れないと副作用が出るんです。

しかし、このチェストツリーがバランス調整をしてくれるからホルモンバランスが乱れる事で生じる副作用を抑えながらバストアップに有効なエストロゲン、プロゲステロンの分泌させるんです。