エストロゲンで胸を大きくする

エストロゲンのバストアップ効果と副作用

エストロゲンとは女性ホルモンの一種で、胸を大きくさせる為に不可欠なホルモンです。

 

また、月経や排卵にも深く関わっているホルモンで女性らしい体を作る働きがあります。エストロゲン等のホルモン剤を飲む事で胸を大きくする事が出来ます。

 

しかし、胸を大きくする目的の為に女性ホルモン剤を服用するにはリスクが高くなります。女性ホルモン剤はもともと病気などでホルモンのバランスが崩れ、体調を整える為に服用するものです。逆に言うと、副作用の1つに胸が大きくなる症状が出てしまうと言ってもいいのです。

 

この他にも以下のような副作用があります。

 

傷が治りにくい。
肌が敏感になる。
手や足がむくみやすく冷える。
性欲の減退。情緒不安定。
血中のカルシウムの濃度が高くなり、結石の可能性が高まる。
血液濃度があがり、血栓の可能性が高まる。
だるさや吐き気がある。

 

など、たくさんの副作用があります。

 

更年期障害など病気の治療でホルモン剤を服用する以外では、安易に摂取してはいけません。

 

またエストロゲンと同じように作用する成分として注目されている、プエラリアミリフィカも胸を大きくする働きがあります。その効果が期待されサプルメントなどが注目されていますが、副作用などのリスクを考えると大量に摂取するのは控えてください。

 

この他にも女性ホルモンと同じ働きをするとしてイソフラボンも注目されています。
イソフラボンもエストロゲンと同じ働きをするので、摂取すると胸を大きくする働きが期待出来ます。

 

サプリなどで過剰摂取はしてはいけませんが、大豆食品や豆乳飲料など自然の形で摂る場合は、健康と美容に有効的に働いてくれます。