筋トレで胸を大きくする

筋トレでバストアップができるってホント?

腕立て伏せは胸を大きくする効果があると言われています。筋トレで胸が大きくなるメカニズムは、胸の土台となる大胸筋が大きくなり胸が大きくなったように見えると言うことです。

 

胸は脂肪で出来ていますから、筋トレをして胸自体が大きくなる訳ではありません
ですから胸のカップ数が上がると言うわけではないのです。

 

 

筋トレで大胸筋を鍛える事で形が整い、盛り上がった胸にする事は出来ます。
胸の土台の筋肉が鍛えられると、垂れていた胸が上に引っ張られハリのある胸のように見えるのです。

 

しかし、筋トレで大胸筋が大きくなったと手ごたえを感じる女性は全体の1%程度だと言われています。
筋肉を肥大させるにはかなりの負荷をかける事が必要ですが、女性のトレーニングは筋肉にかける負荷が軽いのです。トレーニングジムなどでもほとんどの女性が負荷の軽いトレーニング方法を実行しているようです。

 

また、大胸筋を大きくして胸を大きく見せようと負荷の強い筋トレを行うと、筋肉は付いても筋トレで脂肪が落ちてしまうのです。胸は脂肪で出来ている為、肝心な胸が筋肉になり堅くなってしまうと言う事もあります。

 

女性のボディービルダーの胸を見ても、胸なのか大胸筋なのか分からないくらいです。
数字的に胸囲のサイズが大きくなっても、一般の女性が求めているのはボディービルダーのような胸ではないはずです。

 

キレイな形の胸や垂れて変形するのを防ぐ為に、筋トレで大胸筋を鍛える事は効果的です。
しかし、筋トレで胸そのものが大きくなると言う訳ではありません。

 

また、胸を支えているのは主に大胸筋ですが、大胸筋以外にも背中や腰、肩などの筋肉によって支えられています。ですから、形のよい胸を保つ為に総合的に筋トレをするとより効果的です。