胸が大きくなる仕組み

胸が大きくなるメカニズムについて

豊かでふっくらとしたバストは、女性の憧れです。バストの大きさは、遺伝で決まると思われている方もいるかもしれませんが、バストの大きさは遺伝だけで決まるものではありません。

 

遺伝だから仕方がないと諦めるのではなく、胸が大きくなるメカニズムを知ることでバストアップのために効果的な方法が見つかるはずです。

 

女性ホルモンが作用し始める11〜15歳頃になると胸は徐々に膨らみ始めます。
そんな女性ホルモンは、大きく分けると2つの種類があります。

 

卵巣から分泌される「エストロゲン」は、皮下脂肪を増殖させる働きがあり、女性らしい丸みを帯びた体を作る作用があります。

 

もう一つは、プロゲステロンと呼ばれるホルモンで、こちらも卵巣から分泌されるホルモンで排卵を機に周期的に分泌され、脂肪組織を増やす働きがあります。

 

女性の胸が大きくなるのは、この2つの女性ホルモンが活発に分泌されるためです。

 

生理周期でホルモンバランスが変わってしまうと、女性の体もそれに応じて変化します。
この時期は胸が多くなるのに、大切な時期でありこの時期にホルモンの主成分であるコレステロールの摂取不足したり、ストレスなどの影響で分泌がしづらくなると胸の発育がスムーズにできなくなってしまうのです。

 

過度のダイエットも、ホルモンバランスを崩す原因になります。
女性ホルモンのバランスを整えることが、バストアップに繋がります。

 

思春期が一番、バストアップに有効な時期なのですが、思春期を過ぎてもバストアップをすることは可能です。栄養バランスを考えた食事をすること、十分な睡眠を取ること、ストレスを感じない毎日を送ることで女性ホルモンの分泌を促すことができます

 

このように、胸が大きくなるメカニズムを知ることでバストアップをする方法が分かるのではないでしょうか?